メンズ

裁判基準で請求できます

事故

すぐに紹介してもらえます

交通事故によりケガをした際は相手側の保険会社から治療費が支払われます。治療費の支払いは原則としてケガが完治するまで続けられるものですが、治療が長期化した場合には保険会社から後遺障害認定の取得をすすめられることがあります。この後遺障害認定とはケガの治療とは別に交通事故によって生じた「後遺症」の程度を認定するための基準で、医師の診察を受けたうえで決定されるものです。後遺障害認定を受けると障害の程度によって治療費とは別に保険会社から損害賠償金を受け取ることができますが、このさそいに安易に同意してはいけません。なぜなら保険会社が早期に後遺障害認定をすすめるのは、治療費を抑制するため損害賠償金を支払うことで早期の事故解決を目指している可能性があるからです。そのため安易に後遺障害認定を受けてしまうと治療費を打ち切られた挙句、障害の実態を反映しない不当に安い賠償金を押し付けられる可能性もあります。そこで交通事故によるケガを治療している際に保険会社から後遺障害認定をすすめられた方は、横浜の弁護士に相談してその後の判断を行いましょう。弁護士に相談すれば保険会社の判断が正当なものかをしっかりと調べたうえで、適切な治療費や賠償金額の算定を裁判基準で行ってくれます。しかし弁護士であれば誰に相談してもよいというものでもありません。法律のエキスパートである弁護士にもそれぞれ得意分野があるので、スムーズな判断をしてもらうためには交通事故に精通した弁護士に依頼することが大切です。弁護士探しで困ったときは横浜の弁護士会に相談しましょう。横浜の弁護士会に相談すれば、横浜で活動する弁護士の中から交通事故に強い人材を選んで紹介してもらうことができます。